ニキビの治し方とケアの仕方

ニキビの薬について

ニキビケアはまず皮膚科の診察を受けることから…と言われていますが、皮膚科で処方されるニキビを治療するための薬にはどんなものがあるのでしょうか。

またニキビの数が少ない時など、市販の薬を使う場合のときについても考えてみましょう。

市販のニキビ薬の主な成分

ニキビケアのための市販薬に含まれる成分は大きく分けて、イオウ・抗菌成分・抗炎成分の3種類になります。

イオウは皮脂を乾燥させる効果があるため、ニキビができている部分にピンポイントでつけないと肌を乾燥させてニキビを悪化させてしまうので注意しましょう。

抗菌成分が含まれるものは赤ニキビや黄ニキビなど、炎症を起こしていないタイプのニキビに効果があると言われています。

赤ニキビや黄ニキビには抗炎成分の含まれている薬がオススメです。痛みやかゆみがある場合もこのタイプを選びましょう。

皮膚科で処方されるニキビ薬・漢方薬

ニキビ薬として皮膚科で処方される塗り薬はアクネ菌を殺菌する効果のあるものや、抗炎効果のあるものなどがあります。

また、その他にも漢方の飲み薬が処方されることもあります。漢方薬は体質や症状を見極めて根本的な体質改善を図る目的もあるので、冷えやホルモンバランスの乱れが影響していることの多い大人ニキビに悩んでいる人にもオススメです。

仕事や人間関係のストレスを感じている大人ニキビに悩む方には加味逍遥散、生理前になるとニキビが増えるという方は桂枝茯苓丸にヨクイニン、思春期のニキビには清上防風湯などが処方されることが多いようです。

漢方には市販薬もありあますが、体質を見極めることが大切なので、専門の医師や薬剤師に処方してもらったほうが効果が高いと言われています。