ニキビの治し方とケアの仕方

ニキビ化粧品の選び方

ニキビ化粧品と一言で言っても、思春期ニキビと大人ニキビではニキビケアの仕方も使うべき化粧品も異なります。例えば、大人ニキビができている人が、皮脂の分泌を少なくする石鹸や洗顔料を使うと、肌が乾燥してさらなるトラブルを招いてしまいます。

ここでニキビ化粧品を選ぶときの注意点について、考えてみましょう。

思春期のニキビ化粧品

思春期のニキビは成長期のホルモン分泌による過剰な皮脂の分泌が原因となっていることがほとんどです。

まずは石鹸や洗顔料で毛穴につまった皮脂や汚れを穏やかに取り除きましょう。思春期ニキビは毛穴に皮脂がつまり、炎症を起こすことによってアクネ菌が増殖していることもあります。殺菌効果のある石鹸や化粧水を使うのもよいでしょう。

10代の方はお肌の手入れに関する知識もないため、ニキビ化粧品であればなんでもOK!と思って、刺激を感じても使い続けてしまうことがあります。

殺菌効果のある石鹸や化粧水はニキビをできにくくしてくれる効果が期待できますが、顔全体に使ってしまうと刺激が強すぎる場合もあります。殺菌効果のあるエッセンスなどはニキビのある部分だけにピンポイントで使うようにしましょう。

大人ニキビのための化粧品

大人ニキビに合った化粧品は皮脂を抑えるだけでは不十分です。肌は乾燥すると、自ら潤そうとして、余計に皮脂を分泌しようとする働きがありますので、保湿効果の高い化粧品を選ぶようにしましょう。

また大人ニキビの原因はストレスであることがほとんどです。天然成分が配合されているなど、スキンケアタイムが楽しくなるような、香りや使用感のいいものを選ぶようにすることがオススメです。