20代から30代に多い大人ニキビのケア

ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)とも呼ばれ、誰にでもできる皮膚疾患のひとつです。

以前は青春のシンボルなどとも呼ばれ、ニキビといえば中学生から高校生くらいまでの思春期にできる肌トラブルだと思われてきました。しかし、最近では思春期にニキビができなかった人も20歳を過ぎてから急にニキビに悩まされることがあります。

大人ニキビとも呼ばれる、このニキビは思春期のニキビと何が違うのでしょうか。

大人ニキビは主にストレスが原因

大人ニキビは思春期のニキビと違って、主にストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因でできると言われています。治っても治っても繰り返しでき、完治に時間がかかるのが大人ニキビの特徴です。

ストレスを受けると、人間の体は男性ホルモンを多く分泌するようになります。大人ニキビが男性のヒゲが生える部分、すなわちアゴやフェイスラインなどにできるのはこうした理由があると考えられています。

最近では女性も男性並みに働くことが珍しくなくなってきており、このことも大人ニキビに悩む人が増えている原因になっているといえます。

大人ニキビには専用のニキビケア化粧品を

大人ニキビには思春期のニキビとは違ったニキビケアが必要となります。大人ニキビの場合は、思春期ニキビのケアのような、肌皮脂を奪いすぎるニキビ肌化粧品は不向きです

抗菌効果や抗炎効果の期待できる天然成分など肌に優しい成分を配合したもの、使い心地が良く自分に合った香りの、リラックスできるものを選ぶようにしましょう。

また大人ニキビは状態によっては皮膚科の治療も必要となります。大人ニキビ用の化粧品を使用して、毎日適切なケアを行いながら、ニキビ治療に理解のある皮膚科の診察を受けるようにすれば、早い段階で治すことができるはずです。

大人ニキビは体の中から治そう

大人ニキビは一度でき始めると、治すのに時間がかかる肌トラブルです。またストレスが一番の原因になっているため、ストレスを溜めないような生活を送ることも大切です。

その他、大人ニキビに思春期ニキビと同じようなケアをしてしまうと、潤いを奪い過ぎて肌がかえって荒れてしまうこともあるので注意しましょう。肌に優しい大人ニキビ用の化粧品を使いながら生活習慣を見直し、正しく着実に治していきましょう。

ページの先頭へもどる