ニキビケア洗顔料、石鹸の選び方

ニキビケアの基本ともいえるのが洗顔です。洗顔料は石鹸やパウダー、フォーム、クレイタイプなどいろいろあり、それぞれ特徴があります。

洗顔も、大人ニキビには潤いを守ってきちんと汚れを落としてくれるもの、思春期ニキビには皮脂を抑えてくれるタイプのものと、それぞれのニキビのタイプに合ったものを選ぶようにしましょう。

大人ニキビのための洗顔料

大人ニキビの洗顔料選びは慎重に行ってください。なぜなら、大人ニキビは肌全体が脂性肌に傾いているわけではなく、部分的に乾燥していることが多いからです。洗い過ぎは肌のバリア機能を低下させることにもなりますので、注意しましょう。

そして大人のニキビケアは、クレンジング選びも大切です。オイルクレンジングは毛穴に詰まりやすく、肌を乾燥させるので避けるようにしましょう。また、ダブルクレンジングは必ずしも必要ではないということを覚えておいてください。大人ニキビをケアできる洗顔料のなかには2度洗うことで、クレンジングが不要というのもの少なくありません。

オススメはクレイタイプの洗顔料やクリームタイプの洗顔料です。パウダーや石鹸でももちろんOKですが、場合によっては肌がつっぱることもあるので、肌の状態を見極めて選ぶようにしましょう。肌のタイプは個人差も大きいため、現品を購入する前にトライアルなどで肌に合うか試してみるのがベストです。

思春期ニキビのための洗顔料・石鹸

思春期のニキビはとにかく洗顔!と考えがちです。しかし、洗い過ぎは禁物。洗顔料を使用しての洗顔は基本的には朝夕の2回で十分です。もちろん、部活やその他で汗をかいたり、汚れたりするという人は、その都度洗ってかまいませんが、ゴシゴシこすったり、刺激の強い洗顔料を使うのはNGです。

オススメは角質を柔らかくしたり、肌を清潔な状態保ってくれる効果のあるサリチル酸や、ニキビの炎症をおさせてくれるグリチルリチン酸などを配合した洗顔料です。

肌が乾燥しがちな人や化粧水などのお手入れが面倒という男性の方は、これらの成分と保湿効果のある天然成分をあわせたアイテムを選んでみてもよいでしょう。すっきりした洗い上がりが好きという方は天然成分を配合した石鹸がオススメです。

そして、どんなタイプの洗顔料でも、洗顔の前にきちんと手を洗うこと、泡立てネットなどでよく泡だてること、清潔なタオルで押さえるようにして拭く事を忘れないようにしてください。

ニキビケアの基本はていねいな洗顔から

ニキビケアにとって大切な洗顔料選び。きちんと汚れを落とさなければ、そのあとに使用する化粧品の成分やニキビ用治療薬の成分を浸透させることができません。

かと言って、肌の潤いを奪い過ぎると肌自体がもつキレイになろうとする力やバリア機能を低下させてしまい、肌全体が荒れてしまうこともあります。各洗顔料の特徴を確認し、刺激の少ない洗顔料の中から、自分の肌にあったものを探してみましょう。

ページの先頭へもどる