ニキビも適切なケアが必要な皮膚の病気です

ニキビは身近な肌トラブルとはいえ、立派な皮膚の病気のひとつです。日頃からのニキビケア化粧品を使ってケアも大切ですが、必要性を感じたらニキビの薬を使った治療についても検討しましょう。

大きく分けてニキビの薬は市販の治療薬と、皮膚科で処方される治療薬に分かれます。どんなときに、どんな薬を使うのが効果的なのか考えてみましょう。

市販のニキビ用治療薬とは

市販の治療薬はほとんどが塗り薬です。現在、市販されている塗り薬の主な成分はサリチル酸、レゾルシン、グリチルリチン酸といった殺菌効果のあるもの、過剰になった皮脂を吸収したり、角質を柔らかくする成分であるイオウ、ニキビの赤みや炎症を抑える成分、アラントインなどがあり、これらを主成分とした治療薬多く見られます。

また、ドラッグストアなどで購入できるのは医薬品と医薬部外品に分かれています。ニキビを治療する塗り薬は主に医薬品で、ニキビを防ぐ目的のニキビケア化粧品などは医薬部外品となり、その効果や強さが異なります。

ニキビ用化粧品などの医薬部外品は効果がゆるやかなので、毎日使用することでニキビができるのを防いでくれる効果が期待できます。一方、医薬品は比較的効果が強いため、短期間の使用にとどめ、ニキビの部分にだけ塗るようにしなくてはなりません。

とりわけイオウは皮脂を吸収し、殺菌効果もある成分で皮膚を刺激しやすい成分です。イオウを配合したローションを顔全体に塗ったりしないように気をつけましょう。

皮膚科で処方されるニキビ治療薬

皮膚科で処方される薬には市販薬と違い、抗生物質が含まれていることがあります。新キノロン系、リンコマイシン系と呼ばれる抗菌成分がそれにあたります。これらの成分がアクネ菌の合成や増殖を阻害することで、ニキビを治す効果があります。

これらの治療薬は保険が適用されるため、薬の価格としては市販薬と変わらない程度がそれよりも安い場合もあります。もちろん診察料は別にかかりますが、市販薬よりも効果が高い成分なので、使用する期間が短くて済むことがほとんどです。

その他に皮膚科では内服薬として抗生物質が処方されたり、大人ニキビの治療にはピルなどのホルモンバランスを整える内服薬が処方されることもあります。抗生物質をはじめとしたこれらの薬は副作用を起こす場合もありますので、どんな効果のある薬なのか、医師や薬剤師の方に説明してもらってから飲むようにしましょう。

ニキビケアとニキビ治療

日頃からのニキビケアは定期的に続ける事が大切ですが、効果の強い薬を使用するようなニキビ治療のポイントは「時間をかけすぎないこと」、「状態に合わせて皮膚科の診察を検討すること」の2つが重要です。

ほとんどの市販薬は使用上の注意に2~6日使用して、症状がよくならなければ医師や薬剤師に相談することと書かれています。これ以上使い続けると、有効成分がかえって肌を傷めてしまうこともあるのです。

市販薬で治らない場合や炎症化膿を起こしたニキビがたくさんあるような場合は速やかに皮膚科の診察を受けるようにしましょう。

ページの先頭へもどる