ニキビ用漢方薬でニキビケア

ニキビをお薬で治したいけれど、抗生物質ビタミン剤などケミカルなものは摂りたくない…。そんな方にオススメなのがニキビに効く漢方薬です。

漢方薬は西洋医学の薬と異なり、症状だけではなく根本的な原因となる体質改善を目的としています。漢方薬なら冷えやホルモンバランスの乱れなどの症状を改善する効果が期待できるものもあります。では、ニキビに効く漢方薬について詳しくみてみましょう。

大人ニキビのための漢方薬

大人ニキビに効果のある漢方薬にはどんなものがあるのでしょうか。漢方薬の1つに、加味逍遥散(かみしょうようさん)と言うものがあります。これは、仕事や家庭、人間関係でのストレスを感じている方にオススメの漢方薬で、神経質になりやすい方や頭痛、肩こり、便秘などの慢性的に悩まされている方にも向いています。

生理前になると特に大人ニキビの症状が悪化するという場合は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を併せて飲むとよいでしょう。桂枝茯苓丸は血行をよくする効果もあるため、生理不順や生理痛など婦人科系の症状にも効果があります

ホルモンバランスの乱れが影響している場合は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が処方されることもあります。当帰芍薬散は頭痛やめまい、貧血、冷えなどを起こしがちな方に向いています。疲れると肌が乾燥したり荒れがちになる、ニキビ跡が色素沈着になって残りやすいという方にもオススメです。

いい事づくめに見える漢方薬ですが、ごくまれに副作用が起こる場合もあります。大人の女性の場合、妊娠中や妊娠を希望している場合は医師や薬剤師に伝えましょう。持病がある場合も同様です。

思春期ニキビのための漢方薬

思春期ニキビに効果のある漢方薬はどうでしょうか。赤みのあるニキビ化膿した黄にきび痛みやかゆみのあるニキビには清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)がオススメです。ただし、熱をとる効果があるため、冷え症の人には向いていません。

また十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)も赤みや腫れのあるニキビの治療に向いています。炎症を抑えたり、血行をよくする成分も含まれています。

このような漢方薬はひとつのお薬の中にいろいろな生薬が配合されています。ほとんどが顆粒タイプでお湯に溶かして飲んだり、水で飲んだりするようになっていますので、難しい準備が必要なく、10代の方でも簡単に飲むことができます。

ニキビケアと漢方薬

漢方薬はその人が持つ体質や体力と深いかかわりを持っています。同じようなニキビの症状でも飲む人によって処方される漢方薬は異なることがあります。より高い効果を得るためにも、信頼のできる皮膚科や薬剤師のいる薬局で本人が直接、出向いて症状を説明し、処方してもらうようにしましょう。

また漢方薬や体質改善が目的でもあるため、今日飲んで明日よくなるというような即効性は期待できません。漢方薬はある程度の期間しっかりと継続して飲み続けることが大切です。

ページの先頭へもどる