皮膚科でのニキビ治療

ニキビケア用化粧品や市販薬での治療で効果が期待できるのは白ニキビ黒ニキビといった初期段階のニキビ、そしてポツンとできてしまった赤ニキビ黄ニキビ\など、ニキビの数が少ないケースです。

顔じゅうに多くのニキビができている場合や、炎症や化膿を起こしたニキビが増えてきたら、皮膚科でのニキビ治療を考えるようにしましょう。また、色素沈着やクレーター状のひどいニキビ跡が残ってしまった場合も皮膚科に相談するようにしましょう。

保険が適用されるニキビ治療

皮膚科でニキビ治療を受けるときに大切なのが、ニキビ治療に理解のある皮膚科を選ぶことです。

医師の中には患者に対して「ニキビなんて放っておけば治る」「生死にかかわる問題ではない」と発言する人もいます。ニキビが重症化してしまった人の中には、初めて訪れた皮膚科でこのようなことを言われて、それ以降、皮膚科に行くのをやめてしまい、その結果ニキビが悪化してしまったという人もいます。

もちろんニキビ治療に力を入れ、日々研究をかさねている医師もたくさんいます。こうした医師に診てもらうことは、心のケアもできるはずです。

保険が効く皮膚科でのニキビ治療は、塗り薬や内服薬の投薬のほかに、面疱圧子と呼ばれる器具を使ってするニキビの芯を出す治療ビタミン剤や漢方薬などの処方があります。

保険が適用されないニキビ治療

ニキビ治療の中には保険が適用されず、自費治療となるものもあります。特にニキビ跡の治療は審美的な効果が含まれることもあり、その多くが自費治療となり、具体的には次のようなものがあります。

進行中のニキビだけではなくクレーター状になったニキビ跡や色素沈着などに効果的なLEDダイオード、フォトフェイシャルなどの光照射やレーザーなどの治療、ピーリングやイオン導入といった美肌ケア、といったニキビの改善とニキビ跡に対して効果的な治療となります。

こうした特殊なニキビ治療が行われている皮膚科や美容皮膚科ではレチノイン酸やビタミンC導入体、ハイドロキノンなどの成分を高濃度に含んだドクターズコスメや自宅治療用の外用薬を処方しているところもあります。

信頼できる皮膚科でのニキビ治療

ニキビ治療に特化した皮膚科や、美容皮膚科で受けるニキビ治療は、費用が高価になりがちですが、いままでどうしても治らなかったニキビが治ったという声も少なくありません。また、自分の症状では改善が見られない化粧品やエステなどに延々と通い続けるより、結果的には安く済む場合もあります。

ただし、美容皮膚科の中には高額の治療や必要以上のケアをさせようとするところも少なくありません。安易に審美治療をするのではなく、まずは自分で出来るニキビケアをしっかり行い、それでも難しい場合は段階的にニキビの治療ができるような皮膚科を探すようにしましょう。

ページの先頭へもどる