気になるおでこのニキビケア

顔の中でも目立ちやすい、おでこのニキビ。ついつい気になって手で触ったり、前髪で隠してしまったりしていませんか?おでこのニキビケアも、まずは患部を清潔にすることが大切です。特におでこがベタつきがちな人は気をつけましょう。

おでこにできるニキビは大人ニキビよりも思春期ニキビに良くみられます。ではこの、おでこのニキビのケアについて考えてみましょう。

肌を清潔に保っておでこのニキビを解消!

おでこは顔の中でも比較的面積が広く、皮脂線も多いため、皮脂の分泌が多いパーツです。また、髪の毛についている汚れや整髪剤なども、おでこのニキビの原因になることがありますので、おでこにニキビができたら、まずは前髪がおでこにかからない髪型にするようにしましょう。

またシャンプーやリンスなどが肌に合わないとおでこにプツプツとニキビができるという人も多いようです。シャンプー時に刺激やかゆみなどを感じるようであれば、シャンプーを変えてみましょう。また、シャンプーや洗顔の際に泡が残らないように、しっかりとすすぐことも大切です。

場合によってはシャンプーに含まれる合成界面活性剤がおでこのニキビを悪化させることもあるため、肌の弱い人は合成界面活性剤が入っていない無添加のシャンプーに変えてみるのもよいでしょう。

まずは洗顔から始まる、おでこのニキビケア

おでこのニキビケアは、まず刺激の少ないニキビケア用の石鹸や洗顔料をよく泡だてて、優しく洗うことからはじめます。洗顔する前にきちんと手を洗い、清潔なタオルを用意しておくのも忘れないようにしましょう。

また、洗うときも、拭くときもゴシゴシとこすらず、特別に汗をかく機会がない限り、洗顔は朝晩の1日2回、多くても3回程度で十分です。洗顔後は化粧水で保湿します。思春期の方の場合は、皮脂の分泌を抑える成分が入っているものがオススメです。

おでこのニキビは男性ホルモンが過剰になり、皮脂の分泌が増えることでも起こると言われています。さらに、甘いものや脂っこいものを食べ過ぎると、皮脂の分泌を増やしてしまいますので、食べ過ぎにも注意しましょう。

ニキビを悪化させないポイント

おでこのニキビはついつい、気になって手で触ってしまうという人が多いようです。髪の毛を触った手でニキビに触れるのもニキビを悪化させる原因になりますので、必要な時以外は触れず、刺激を与えないように気をつけましょう。

おでこのニキビケアは、まずニキビに触らないこと、前髪が触れない髪型にすること、そして肌にあったニキビケア用化粧品などで肌を清潔に保つことが大切です。おでこのニキビも他のニキビと同様に、なかなか治らないようであれば皮膚科を受診する、生活習慣を見直すといった事も検討しましょう。

ページの先頭へもどる