思春期にも大人でもできる胸ニキビのケア

胸のニキビ思春期ニキビでも大人ニキビでも見られる症状です。胸には皮脂線が多く、汗もかきやすいため、ニキビができやすいパーツでもあります。汗をかくと症状が悪化することが多いので、患部を清潔にしておくことがお手入れの第一歩と言えます。

女性のかたは襟元からのぞくデコルテのニキビが気になるという方も多いのではないでしょうか。では、これらの胸ニキビのケア方法ついて考えてみましょう。

胸のニキビは季節によって悪化する?

胸のニキビは季節によって症状が現れるという人が多いようです。汗をかきやすい夏場に症状が悪化する場合もあれば、化繊などの衣類で常に覆われていることによる摩擦が原因でできる場合もあります。このような場合は季節がすぎれば自然に治ることがほとんどです。

胸にニキビができてしまったときは刺激の少ないニキビケア用のボディソープなどで優しく洗うようにしましょう。ナイロンタオルなどでゴシゴシ擦るのは症状を悪化させるうえに色素沈着も引き起こすことがあるのでNGです。またシャンプーやコンディショナーが胸につくのを防ぐためにも、髪は体を洗う前に洗っておきましょう。

胸ニキビのケアは、清潔にしたあとは保湿が重要

胸のニキビも顔のニキビ同様、体を洗ったあとに保湿することが大切です。顔用の化粧水を体に使うとどんどん減ってしまう…という方はボディ用のニキビケア用ローションを使うとよいでしょう。保湿することで、ニキビ跡が残るのを防ぐ効果が期待できます。スプレータイプものは背中にも胸にも使えて、手軽にお手入れができるのでオススメです。

夏場はデコルテを露出する服装が多くなりますが、紫外線によって胸のニキビが悪化することがあるため、きちんと紫外線対策を行うようにしましょう。UVカット剤を使用したあとは、きちんとボディソープなどで落とし、保湿するようにします。肌に直接触れる下着やパジャマなどは化繊をさけて柔らかいコットンなどに変えてみましょう。

また胸のニキビはストレスによっても悪化することがあります。体を洗った後、ゆっくりと湯船につかってリラックスする事もニキビの改善につながります。

早めにケアしよう、胸のニキビ

思春期にも大人になってからもできやすい胸のニキビ。患部を清潔にして保湿するなど、気がついたときに適切なニキビケアをすることで、ニキビが増えるのを防ぐことができます。

胸のニキビは季節によって症状が現れることが多いため、そろそろニキビができる季節かな…と思ったら、早めにケアを始めるようにしましょう。また、かゆみや痛みのあるニキビが増えてきたときには、皮膚科を受診することも忘れないようにしましょう。

ページの先頭へもどる